Ipアドレス理解しちゃったもんね〜〜

Ipアドレスとは

Ipアドレスとはインターネットに繋げる全ての物質(パソコン、スマホ、ルーター、サーバー)に割り当てられた固有の番号のことを指します。

Ipアドレスを身近なものに例えるとマイナンバーカードになります。日本で生活している人には個人を識別できる番号が一人一人に割り振られているので、番号を調べると個人を特定できるようになっています。

このように番号で個人を識別できるような仕組みと全く一緒なのがIpアドレスです。

Ipアドレスの種類

IpアドレスにはグローバルIpアドレスローカルIpアドレスの2種類のIpアドレスが存在しています。

  • グローバルIpアドレス→インターネットに直接繋がっているルーターやパソコンに割り振られた固有の番号
  • ローカルIpアドレス→会社や家などのグループ内でインターネットに接続されているパソコンやスマホに割り振られた固有の番号

Ipアドレスの仕組み上記の写真ではグループ内でインターネットに繋がっているのはルーターになるため、ルーターにグローバルIpアドレスが割り振られています。

そのグループ内でルーターを介してインターネットにつながっているのがパソコンA、パソコンB、スマホCになるので、それぞれにローカルIpアドレスが割り当てられていることから、

どの端末がインターネットを利用しているのかを判別することができる様になっています。

Ipアドレスはよくドラマとかで犯罪に使用されているパソコンの割り出しとかに使用されていますよね。
イメージ的には下記のような感じです。
①どのグローバルIpアドレスからインタネットにアクセスがあったのか。
②グローバルIpアドレスのネットワーク(グループ)に所属しているローカルIpアドレスを割り出す。
③パソコンBが犯罪に利用されている事が判明。
用語解説
ローカルIpアドレスをグループ内という言葉を使用して説明しているのですが、IT業界ではグループ内をサブネットという言葉でよく使われます。

グローバルIpアドレスとローカルIpアドレスの知っておきたい違い

前述の通り、グローバルIpアドレスはインターネットに直接つながる端末に割り当てられる番号で、グループ内で割り当てられる番号がローカルIpアドレスになっているのですが、

Ipアドレスの割り当てられる方法やIpアドレスを変更する方法がグローバルIpアドレスとローカルIpアドレスで異なります。

Ipアドレスの割り振りと変更可否

まずはじめに、ローカルIpアドレスはルーターをグローバルIpアドレスとしたグループ内に属していれば自動でIpアドレスが設定されます。(こちらのサイトが分かりやすかったです→https://www.buffalo.jp/support/faq/detail/15257.html)

そのため、グループ内で一意であれば自分で変更することが可能です。

 

反対にグローバルIpアドレスは日本ネットワークインフォーメーションセンター(JNIC)という機関が割り振っているため、

自分の都合でIpアドレスを変更することは難しいです。(自分で変更することは全然できる。基本的に変更できないよって意味です)

グローバルIpアドレス ローカルIpアドレス
割り振り JNIC 自動割り振り
変更可否 基本的に変更できない(と考えて) 変更可能

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事