テーブル結合の名前が多すぎる!!からまとめたよ

参考書を読んでも分かりづらい

SQLの学習のために参考書を読んでも、「クロス結合が〜〜」「自然結合は〜〜」とたくさんの結合名称が出てきてしまい、こんがらがったのでまとめました。

当記事では内部結合と外部結合以外も紹介しているのですが、内部結合と外部結合さえ知っていればやっていけます。

SQL関連の資格を勉強している方やSQLの知識が浅い方は「そういう結合もあるんだ」くらいの理解をして頂ける記事になっていれば幸いです。

結合の種類

自分がテーブル結合の勉強をしている際に出会った結合名称です。

  1. 内部結合
  2. 外部結合(左外部結合、右外部結合)
  3. 完全外部結合
  4. 自己結合
  5. クロス結合
  6. 自然結合
  7. 非等価結合

※自分はSQLを使用した実務経験が6ヶ月(2022年1月時点)しかないのですが、内部結合と外部結合の使用がほとんどでした。(自己結合と非等価結合は1,2回の使用)

2テーブルで結合を試していくぅ

SQL> select * from testJoin;

	NO NAME       P        AGE T
---------- ---------- - ---------- -
	 1 michel     1 	20 1
	 2 jordan     2 	30 1
	 3
	 4 Lebron     1 	25 1
	 5 hanamiti   2 	18 2
	 0 Popovich   0 	80 2

SQL> select * from testJoin2;

	NO POSITION
---------- ----------
	 1 PG
	 2 SG
	 3 Substitute

内部結合

内部結合は、結合Keyが一致する行のみを取得するための構文です。

下記のSQL文は、「No:0」がtestJoin1に登録されていない為、testJoinの「No:0,NAME:Popovich」のデータは取得されません。

マスタデータがないデータを弾く時によく使用されますね。

SQL> select t1.name , t2.POSITION from testJoin t1
inner join testJoin2 t2 on t2.NO = t1.pname;   2  

NAME	   POSITION
---------- ----------
michel	   PG
jordan	   SG
Lebron	   PG
hanamiti   SG

外部結合(左外部結合、右外部結合)

外部結合は、基となるテーブルのデータをすべて残した上での結合となります。

下記SQL文の場合だと、testJoinを基とするため結合Keyに一致しない「No:0」と「No:3」のレコードを取得することが出来ます。

select t1.no , t1.name , t2.POSITION from testJoin t1
left join testJoin2 t2 on t2.NO = t1.pname order by t1.no; 
SQL>   2  
	NO NAME       POSITION
---------- ---------- ----------
	 0 Popovich
	 1 michel     PG
	 2 jordan     SG
	 3
	 4 Lebron     PG
	 5 hanamiti   SG

完全外部結合

完全外部結合は、結合Keyが不一致でも結合するテーブルの全データを取得するための構文です。

結合Keyに一致しない「No:0,NAME:Popovich」「No:3,NAME:NULL」「No:NULL,NAME:NULL,Position:Substitute」の列が取得されていることが分かります。

正直使ったことないです。

SQL> select t1.no , t1.name , t2.POSITION from testJoin t1
Full outer join testJoin2 t2 on t2.NO = t1.pname order by t1.no;   2  

	NO NAME       POSITION
---------- ---------- ----------
	 0 Popovich
	 1 michel     PG
	 2 jordan     SG
	 3
	 4 Lebron     PG
	 5 hanamiti   SG
		      Substitute

自己結合

自己結合は、同一のテーブルを別テーブルと考えてデータを取得するための構文です。

下記SQL文では、同一のチームに所属している選手同士を出力しています。(※自己結合は同一テーブルを別テーブルとして扱うので別名称を付与しなければいけません)

余談ですがWHERE句にNAME列の比較演算子を使用しているので、同じ組み合わせのチームを除外しています。

SQL> select t1.no,t1.name,t1.team_id,t2.no,t2.name,t2.team_id from testJoin t1 
inner join testJoin t2 on t1.team_id = t2.team_id
where t1.name > t2.name
order by t1.no;   2    3    4  

	NO NAME       T 	NO NAME       T
---------- ---------- - ---------- ---------- -
	 1 michel     1 	 2 jordan     1
	 1 michel     1 	 4 Lebron     1
	 2 jordan     1 	 4 Lebron     1
	 5 hanamiti   2 	 0 Popovich   2

クロス結合

クロス結合は結合するテーブルのデータ数を乗算する構文のことを指します。

testJoinは6個のデータを、testJoin1は3個のデータを保持しています。

そのため6×3=18行が取得されます。

SQL> select t1.name,t2.POSITION from testJoin t1,testJoin2 t2
  order by t1.no,t2.no;  2  

NAME	   POSITION
---------- ----------
Popovich   PG
Popovich   SG
Popovich   Substitute
michel	   PG
michel	   SG
michel	   Substitute
jordan	   PG
jordan	   SG
jordan	   Substitute
	   PG
	   SG

NAME	   POSITION
---------- ----------
	   Substitute
Lebron	   PG
Lebron	   SG
Lebron	   Substitute
hanamiti   PG
hanamiti   SG
hanamiti   Substitute

自然結合

自然結合は、結合するテーブル同士のカラム名称とデータ型をSQLさんが判断してくれる構文です。

下記SQL文だと、testJoinのNo列(NUMBER型)とtestJoin1のNo列(NUMBER型)が同一名称、同一データ型になるためNO列を結合Keyに設定してくれています。

下記のデータを正として取得します。

testJoin「No:1,NAME:michel」= testJoin1「No:1,PG」
testJoin「No:2,NAME:jordan」= testJoin1「No:1,SG」
testJoin「No:3,NAME:NULL」= testJoin1「No:1,Substitute」

多分実務で使うこと無いんじゃないかと思います。

SQL> select no,t1.name,t2.POSITION from testJoin t1 
natural LEFt join testJoin2 t2;  

	NO NAME       POSITION
---------- ---------- ----------
	 0 Popovich
	 1 michel     PG
	 2 jordan     SG
	 3	      Substitute
	 4 Lebron
	 5 hanamiti

非等価結合

非等価結合は結合条件に「=」演算子を使用しない構文を指します。

「=」を条件に指定しないだけなので、あまり難しく考える必要はありません。

SQL> select * from testJoin t1 
inner join testJoin2 t2 on t1.PNAME <> t2.POSITION
where t1.no <3
order by t1.no;  2    3    4  

	NO NAME       P        AGE T	     NO POSITION
---------- ---------- - ---------- - ---------- ----------
	 0 Popovich   0 	80 2	      1 PG
	 0 Popovich   0 	80 2	      2 SG
	 0 Popovich   0 	80 2	      3 Substitute
	 1 michel     1 	20 1	      1 PG
	 1 michel     1 	20 1	      2 SG
	 1 michel     1 	20 1	      3 Substitute
	 2 jordan     2 	30 1	      1 PG
	 2 jordan     2 	30 1	      2 SG
	 2 jordan     2 	30 1	      3 Substitute
コメントを残す

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事