【英語日記】どんなことでもやらないよりはマシ

英語や

Have you ever heard the adage, "Anything is better than nothing"?

I had never heard of it or seen it until I read a book about it.

 

I was struck by these words as if struck by lightning.

 

It is true that people shy away from taking any action.

I think it comes from the fear of not getting the desired form of reward and ending up in futility as a result of their actions.

 

It is indeed scary to see the results of your hard work go to waste.

So I changed my way of thinking and began to think of the rewards for my actions as experiences, rather than monetary or the recognition I received from others.

 

With this approach, I realized that the consequences of my actions would be my fortune.

After this realization, I am no longer afraid to act.

 

People who have a lot of experience must have a more fulfilling life than the old guys out there.

If you are afraid to act, why not take a step forward for your own experience?

日本語や

「どんなことでもやらないよりはやったほうがマシ」という格言は聞いたことはあるだろうか?

私はある本を読むまでは聞いたことも見たこともなかった。

 

私はこの言葉を見て雷に打たれるような衝撃を受けた。

 

確かに人は何か行動を起こす際に尻込みをしてしまう。

それは、行動した結果、望む形の報酬を得られず徒労に終わる結末に対する恐怖からくるものだと思う。

 

一生懸命頑張った結果が無駄に終わるのは確かに怖い。

そこで私は考え方を変え、行動したことによる報酬は金銭的なものや周囲から得られる評価などではなく、経験と考えるようにした。

 

この考え方ならば、行動に伴う結果が自分の財産になる事に気づいた。

この気づきを得て以降は行動することが怖くなくなった。

経験をたくさん持っている人はそこら辺にいるオジサンよりも充実した人生を送っているはずだ。

 

行動することが怖い人は自分の経験のために一歩踏み出してはどうだろうか?

Twitterでフォローしよう

読んでみーな
おすすめの記事