Randomクラスを使用したコード

◯目的
ランダムな整数を生成したい。

◯使い方
①Randumクラスをインポートしてインスタンス化。
Randum rm = new Randum();

②nextInt()メソッドの呼び出し
rm.nextInt();

③整数の範囲を指定
引数に指定した数の範囲の数が生成される。
例:
引数に10を指定した場合は、0〜9の10個の数字。
引数に6を指定した場合は、0〜5の6個の数字。

rm.nextInt(10);

④ランダムの数字をプログラムに当てはめる
例:500、100、50、10、5、1の6個の数字を格納したint型の配列をランダムに出力するプログラム

int coinCase[] = new int[6];
coinCase[0] = 500;
coinCase[1] = 100;
coinCase[2] = 50;
coinCase[3] = 10;
coinCase[4] = 5;
coinCase[5] = 1;

Randum rm = new Randum();
int no = rm.nextInt(6);

System.out.println(coinCase[no]);

//noに0〜5のランダムな数字が割り当てられ、配列のインデックスに指定することで500〜1の数字をランダムに出力する。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事